ハリネズミの願い

評価:
トーン テレヘン
新潮社
¥ 1,404
(2016-06-30)

トーン・テレヘンの「ハリネズミの願い」を読みました。

新聞に公告が載っていたので、

おもしろそうだと思って図書館で借りたのですが、

私には合っていませんでした。

 

この本の良さが見つかりませんでした。

 

作者はオランダで有名な作家です。

文学賞を多数獲得しています。

 

そういう人が書いた本だから、

私には合わないのかも。

 

「臆病で気難しいあなたにおススメの本です。」と本のカバーに書かれていました。

 

臆病なハリネズミが誰かを家に招待したいから、

みんなに手紙を書きますが、

不安にかられて出すことができません。

 

たくさんの動物たちを順番に想像して、

結局何も行動せずに、

ずっと話が続いていきます。

 

同じことの繰り返しにイラッとしてきます。

飛ばし読みをしても同じような内容です。

 

この本が人気の理由がわからないくらいです。

 

でもきっと、

臆病で気難しい人には、

共感できる部分があるのだろうな。

 

いろんな人がいることはいいと思うので、

こういう本があるのもいいと思う。

 

 

JUGEMテーマ:最近読んでる本

posted by: 本の虫 | 小説(外国人) | 13:21 | comments(0) | - |

やまんば娘、街へゆく

他の人のブログで紹介していたので、

読みました。

薄い本なので、

読みやすかったです。

やまんば娘のゆう(由布)は行方不明の父親を探しに、

人間の町に降ります。

そこで知り合った人たちとふれあいながら、

人間たちの折れた心を回復させていく物語です。

ファンタジーです。

読後感はよかったです。

posted by: 本の虫 | - | 15:37 | comments(0) | - |

名探偵カッレとスパイ団

評価:
アストリッド リンドグレーン
岩波書店
¥ 778
(2007-05-16)
コメント:大人も子供も楽しめる本です。怖くて楽しいので、ドキドキしながら読み進めていけます。

リンドグレーン作の「名探偵カッレとスパイ団」を読みました。

我が家の本棚に昔から置いてあって、

表紙は色あせています。

 

捨てる前に読んでみようと思い、

読み始めたら、

おもしろくて引き込まれました。

 

白バラ軍のカッレたち3人は夜中に抜け出して、

赤バラ軍と戦いました。

途中アンデスが崖から落ちそうになりましたが、

みんなで協力をして助けました。

 

帰りに怪しい車を見かけました。

様子を見ていると、

博士と子供をさらっていくのを見かけました。

 

ロッタが車に乗り込み、

博士たちと捕まりました。

 

カッレとアンデスは博士のバイクで追跡をし、

島にたどり着きました。

 

早く警察に届ければいいのにという場面が度々ありました。

 

博士の子どものラスムスは白バラ軍に憧れています。

おしゃべりなのが困りますが、

純粋に人を信じ、

愛するところがいいです。

 

最後まで楽しめて読みました。

 

JUGEMテーマ:読書

posted by: 本の虫 | 小説(外国人) | 21:16 | comments(0) | - |

この嘘がばれないうちに

評価:
川口俊和
サンマーク出版
¥ 1,404
(2017-03-14)

川口俊和の「この嘘がばれないうちに」を読みました。

短編小説集です。

泣ける小説で検索して見つけました。

 

この物語は、

とある喫茶店で、

過去や未来に戻ることができるという話です。

本のちょっとの時間です。

条件がいくつかあります。

未来を変えることはできません。

 

第一話「親友」

親友の娘を親友に代わって、

育てた男の話。

第二話「親子」

三田幸雄。

母親の葬式に出られなかった息子が、

死ぬ前の母に会いに行く。

お金がなくて自殺しようと思っていたが、

母の言葉で思い留(とど)まる。

第三話「恋人」

病気が理由で別れを言ったが、

未来の彼女がしあわせになっているか確かめに行く。

第四話「夫婦」 

第二話で数にネックレスを選んでもらった刑事が、

過去に戻るお客。

心だ妻に会いに行く。

 

すごく感動したというほどではないが、

読むと気持ちが落ち着く物語です。

posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 13:23 | comments(0) | - |

ガラクタを捨てて、スッキリ暮らす

収納カウンセラーの飯田久恵さんの「ガラクタを捨てて、スッキリ暮らす」を読みました。

整理・収納・片付けの手順が書かれています。

カラーページはなく、

イラストが描かれています。

 

この本を読んで、

クローゼットの片づけをして、

洋服を2枚手放しました。

紙類の引き出しを片づけました。

キッチンの料理の本を片づけて、

捨てました。

 

片づけの本を読むと、

片づける気になるから、

もっと読みたいです。

 

 

JUGEMテーマ:最近読んでる本

 

 

posted by: 本の虫 | 実用書 | 22:41 | comments(0) | - |

笹の舟で海をわたる

評価:
---
---
---
()

角田光代の「笹の舟で海をわたる」を読みました。

長編小説です。

 

第二次世界大戦の頃から神戸の地震の頃までの日本の話です。

 

物語は最初の頃はたいくつでしたが、

主人公の左織の義母が亡くなったお葬式の夜から話がこわくなり、

結末が早く知りたくなって、

夢中でよみふけりました。

 

戦争の時に、

家族と離れて、

子どもだけ疎開して、

子どもの集団の中で、

いじめがあり、

その記憶を封印していたのに、

友人であり、

義妹の風美子から聞いているうちにその頃のことが、

徐々に思い出されてくる。

自分もいじめに加担していたこと。

その子が死んだこと。

 

風美子は何を考えているのか、

左織のしたことを知っているのか?

 

風美子のことが気になって、

何をたくらんでいるのか気になってきます。

 

角田光代の小説は、

怖いもの見たさのような気持ちで読むことがあります。

 

この小説もおもしろかったです。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 19:59 | comments(0) | - |

街の話

評価:
吉村 昭
文藝春秋
---
(1996-09-20)

1996年に吉村昭が書いた「街のはなし」というエッセイを読みました。

図書館に予約して、

しばらくたったので、

なぜこの本を予約したのか忘れてしまいました。

 

特別におもしろい話ではないですが、

おもわず声を出して笑ってしまった内容もありました。

読みやすい内容でした。

 

吉村昭という人を知りませんでしたが、

小説家です。

戦争に行ったこともある年齢の人です。

お酒の好きな人です。

 

奥さんも小説家です。

 

両方の小説を読んだことがないです。

 

読みやすいエッセイだったので、

最後まで読みました。

posted by: 本の虫 | エッセイ | 20:54 | comments(0) | - |

スッキリ暮らす片づけ術

婦人公論の別冊雑誌です。

収納や片づけのことが書かれていて、

カラー写真が載っていることがいいです。

posted by: 本の虫 | 実用書 | 11:45 | comments(0) | - |

一生、散らからない部屋

飯田久恵さんの「一生、散らからない部屋」を読みました。

収納カウンセラーの飯田久恵さんのファンです。

 

片づけを仕事にしている人の本は大好きです。

 

本を読みながら、

ドレッサーの中や、

引き出しを片づけました。

 

捨てることができたものは少ないですが、

すっきりしました。

 

カラー写真がないことが残念でした。

posted by: 本の虫 | 実用書 | 11:42 | comments(0) | - |

空中庭園

評価:
角田 光代
文藝春秋
¥ 551
(2005-07-08)

角田光代さんの「空中庭園」を読みました。

「八日目の蝉」や「対岸の彼女」ほどはおもしろくなかったです。

 

「ラブリーホーム」

「チョロQ」

「空中庭園」

「キルト」

「鍵つきドア」

「光の、闇の」の題名の目次がありますが、

短編ではありません。

主人公は同じ人です。

 

「あたしはラブホテルで仕込まれた子どもであるらしい」から始まる文章は、

一気に読む気を失いましたが、

「空中庭園」は有名は題名なので、

読まずにいたくないので、

読みました。

 

女子高校生が、

例の野猿というラブホに、

同級生の男子と行く場面はやすっぽい話でやだなと思いました。

 

テレビドラマならチャンネルを変えます。

 

浮気をしている父親、

父親の浮気相手と仲良くなる弟。

 

読み終わっても心に残らない内容でした。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 11:36 | comments(0) | - |