陸王

評価:
池井戸 潤
集英社
¥ 1,836
(2016-07-08)
コメント:泣ける小説です。

池井戸潤の「陸王」を読みました。

泣ける小説を検索して見つけました。

 

老舗の足袋屋が経営の先細りをくい止めるために、

ランニングシューズの開発をして、

売り出す話です。

 

最初はありえない話で無理だろうと思って読んでいましたが、

先が気になって、

どんどん読み進めて、

止まらなくなり、

長い小説でしたが、

読み終わりました。

 

途中何度も泣きました。

 

ドラマになりそうな小説だと思いました。

 

体の故障で挫折を味わったマラソン選手が復帰して、

陸王というシューズを履いてくれるのか?

 

足袋屋が資金繰りの事情で、

何度もシューズ作りを断念しなければならない状況におちいる。

 

テレビドラマを観ているようにおもしろい小説でした。

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 11:43 | comments(0) | - |

明日の子供たち

評価:
有川 浩
幻冬舎
¥ 1,728
(2014-08-08)

有川浩(ありかわひろ)の「明日の子供たち」を読みました。

児童養護施設の子供と職員の話です。

 

泣ける小説をネットで検索して、

この本に出会いました。

 

この小説で泣いた部分は、

奏子(かな)という女子高生が、

児童養護施設の「明日の家」の説明を外部の人たちに向けて、

話している部分です。

 

施設を継続してもらうために、

思いを込めて、

話している部分に感動しました。

 

職員の三田村は、

新米の頃は、

上から目線で、

かわいそうという言葉を発していましたが、

徐々に施設の中でも活躍するようになってきました。

 

みんなが力を合わせて、

施設の存続に協力してくるところがおもしろいです。

 

一人一人は弱い力でも、

得意分野を出し合って、

協力していくところは好きです。

 

確かに泣ける小説だったので、

オススメします。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 19:44 | comments(0) | - |

ツバキ文具店

評価:
小川 糸
幻冬舎
¥ 1,512
(2016-04-21)

小川糸の「ツバキ文具店」を読みました。

鎌倉で、

代書屋をしている雨宮鳩子の物語です。

 

鎌倉の様子が詳しく書いてあるので、

実在しているように錯覚してしまう。

 

手紙の書き方の説明が書かれているので、

実用本としても活用できそうだ。

 

拝啓・前略・かしこなどの説明が書かれている。

 

母が出て行って、

祖母に育てられた鳩子の祖母に対する思いが、

後半に書かれている。

 

初めは代書を頼む人のエピソードだと思っていたが、

鳩子が鎌倉で、

暮らし始めてから、

自分や祖母のことが見えてきて、

出会った人たちによって、

小さいころからの心のわだかまりが、

溶けていく。

 

もしもドラマや映画にするのなら、

男爵という人は「津川雅彦に演じてもらいたいと思った。

 

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 20:12 | comments(0) | - |

沈黙の町で

評価:
奥田英朗
朝日新聞出版
¥ 907
(2016-01-07)

奥田英朗の長編小説です。

「沈黙の町で」を読みました。

奥田英朗の小説は読みやすいので、

長編小説でしたが、

頑張って読みました。

 

中学2年の男子生徒が、

屋根から落ちて、

コンクリートに頭を打ち付けて死んだ事件に、

絡んだ登場人物たちの物語です。

 

第一発見者は2年担任の教師(飯島浩志)。

4人のテニス部の生徒たちがひ弱な彼の背中をつねって、

あざが残っていたことから、

警察に捕まる。

 

藤田一輝14歳(県議の孫)。

坂井瑛介14歳(長身で母子家庭)。

市川健太13歳(恵子・茂之が両親、1年の時にはクラス委員)

金子修斗13歳。

 

13歳は罪に問われないで、

児童相談所送り。

 

高村真央は中央新聞の記者。

 

豊川康平は刑事で飯島浩志と元同級生。

 

石井は豊川の部下。

 

橋本英樹は30歳の検事、

仕事熱心で信頼される。

 

逮捕された生徒の母親たちの気持ちや、

検事の調べかた、

警察の上司たちの考えや、

中学の校長や教頭の考え、

平の教師の考え、

被害者の家族の気持ちなど、

多くの人の経験から出た考えや、

事件の少し前の話から、

徐々に明かされていく。

 

最初は4人の生徒が不起訴になり、

学校へも普通に行きはじめるところなど、

腹がたってきたが、

読み進めるうちに、

事故か事件か真相が早く知りたくなってくる。

 

文庫本で2cmの厚さがあり、

ページ数が約600ページあるので、

読むのが大変だとはおもいますが、

読む価値のある小説です。

 

人の立場によって、

見方が違ってくるところがよく書かれている。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 16:24 | comments(0) | - |

向田理髪店

評価:
奥田 英朗
光文社
¥ 1,620
(2016-04-19)

奥田英朗さんの「向田理髪店」という小説を読みました。

 

短篇集ですが、

主人公はみんな同じです。

 

北海道の破たんした元炭鉱の町の物語です。

 

奥田英朗さんの小説は好きです。

 

どこかとぼけた内容なところがあるので、

最後にどんでん返しがあるかもしれないので、

最後まで気を抜かずに読みたくなります。

 

私はハッピーエンドが好きなのに、

変な終わり方をするかもしれないので、

目が離せません。

 

「向田理髪店」

帰ってきて、

理髪店を継ぐという息子のことが心配で、

自分の息子とダブりながら読みました。

「祭りのあと」

病気で倒れた父親と、

家族の物語です。

町の人たち、

特に理髪店の店主がいろいろ心配する。

「中国からの花嫁」

外国からの花嫁で、

騙されてお金だけ持って行かれた話を現実によく聞くので、

物語はどんな話にも作れるので、

ひやひやしながら読みました。

私はしあわせな結末になって欲しいと思いながら読んでいます。

 

「小さなスナック」

東京から戻ってきた早苗ちゃんのスナックは大繁盛ですが、

早苗ちゃんの経歴が気になる。

男たちがみんなだまされたりしないか心配しながら読みました。

 

「赤い雪」

映画がこの町にやってくる。

美人女優も来て、

どうなることやら。

 

「逃亡者」 

この町の息子が東京で事件を起こして、

指名手配になる。

田舎町はすぐにニュースが広がり、

その家がすぐにわかる。

家族はたいへんだ。

 

最近ありそうな事件も絡めて、

おもしろい物語になっている。

好きな小説です。

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 13:21 | comments(0) | - |

眩(くらら)

評価:
朝井 まかて
新潮社
¥ 1,836
(2016-03-22)

朝井まかての「眩(くらら)」を読みました。

浮世絵師の葛飾北斎の娘の物語です。

90歳過ぎまで生きた父親の弟子として、

絵をずっと描き続け、

結婚もしたが、

出戻りをして、

恋する男もでき、

波乱万丈に生きた。

甥っ子のためにいつも借金をして、

貧乏暮らしをしている。

金に対する欲はなく、

ただ描き続けていたい。

 

葛飾北斎のことは、

さほど知らなかったが、

葛飾北斎の絵について、

詳しく物語として、

描かれていることに、

感激した。

まるで、

その時代に描いている北斎や娘を見ているような錯覚になるほど、

作者の文才がすばらしいと思った。

 

今の時代はその頃とまるで違うが、

生き方について、

学べることが多々あった。

 

甥の育て方を振り返って、

子育てを学んだし、

自分の生き方の参考にもなった。

 

歴史上の人物を物語の主人公に変えてしまうところがおもしろかった。

 

 

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 10:39 | comments(0) | - |

不祥事

池井戸潤の「不祥事」を読みました。

今、

読売新聞に花咲舞の物語が連載されています。

 

それでこの小説を読んでみたくなりました。

 

この物語の主人公は花咲舞です。

 

銀行の内部事情の物語です。

 

短篇集になっています。

 

私はテレビドラマを少し見たので、

読んでみようと思いました。

 

「激戦区」

東京第一銀行事務部調査役についた相馬健とその部下の花咲舞が、

臨店指導し、

支店の問題を解決していく。

ベテラン女子を次々辞めさせていき、

起こった事件。

 

「三番窓口」

一番未熟な女子新人の窓口を狙って、

お金を引き出す計画を企てる内部の男。

 

「腐魚」

伊丹百貨店の御曹司が行員として働く支店の話。

 

「主任検査官」

金融庁の検査。

 

「荒磯の子」

あらいそのこ。

 

「過払い」

過払いで札束を一束多く渡してしまった。

束が一束足りない。

犯人は誰か?

 

 

「彼岸花」

自殺した元行員の名前で送られてきた彼岸花の花束。

 

「不祥事」

伊丹百貨店の給料データ紛失事件。

 

一話ずつが短いので、文庫本を持ち歩いて、

電車の中などで、

一話ずつ読んだら読みやすいと思う。

ストレスがある時に、

読むとすっきりする。

 

解決するから、

ストレス発散にいいと思う。

オススメです。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 17:08 | comments(0) | - |

我が家のヒミツ

評価:
奥田 英朗
集英社
¥ 1,512
(2015-09-25)

 

奥田英朗の「我が家のヒミツ」を読みました。

奥田英朗の小説は読みやすくて、

おもしろいです。

この本は短編小説集です。

 

「虫歯とピアニスト」

ピアニストが親知らずの治療で歯医者にくる。

受付の女は彼の大ファン。

コンサートに行き、

目が合ってしまう。

 

「正雄の秋」

出世競争に敗れた男の話。

 

「アンナの十二月」

12歳になった日に、

両親から、

本当の父親が他にいることを知らされる。

本当の父親は現在の父親より、

年収のいい芸能人。

会うことで、

本当の父親に気持ちが傾いていくアンナ。

 

「手紙に乗せて」

母親が亡くなり、

父の元気がなくなった。

夜中に泣いているらしい。

 

葬式に同級生がきてくれた。

その同級生は子どもの頃、

身内に不幸があって、

人の気持ちに寄り添ってくれる。

 

職場の上司も、

妻を亡くしていて、

優しい。

父宛に手紙を書いてくれた。

 

父が返信をする。

 

 

「妊婦と隣人」

この話は好奇心旺盛な妊婦が、

隣人の行動を気にして、

交番のおまわりさんに相談したり、

後をつけたり、

読んでいてはらはらしてくる。

 

「妻と選挙」

小説家の主人公の妻が選挙に出馬すると言う。

最初は見ないふりをしていたが、

作家業をしばらく休むことになり、

妻を手伝っていく。

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 21:51 | comments(0) | - |

鹿の王

上橋菜穂子の「鹿の王上下巻」を読みました。
先日「精霊の守り人」をテレビで見ました。
両方上橋菜穂子の作品です。

狩りをして生活している古い時代の物語です。

犬の菌で発症して、
洞窟にいた奴隷がみんな死にました。
生き残ったのは1人です。
牢の中で鎖でつながれていた奴隷は鎖を石の壁から外して逃げました。
逃げる時に、
監視や炊事場にいた人も全員死にました。
炊事場にいて、
たった一人生き残った赤ん坊を連れて逃げました。

最初の情景が怖かったので、
読みたくなくなりましたが、
本屋大賞をもらったこの小説の良さを知らずに、
あきらめたくなかったので、
先に読み進めていきましたら、
おもしろくなりました。

下巻は内容がわかりかけてきたので、
比較的すらすらと読めました。

戦いの場面が多いこういう小説は苦手ですが、

本好きの人に選ばれただけあっておもしろいです。
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 11:33 | comments(0) | - |

つまをめとらば

評価:
青山 文平
文藝春秋
¥ 1,620
(2015-07-08)

青山文平は直木賞作家です。
新聞に直木賞受賞の記事が載った時に、
すぐに青山文平の作品を検索して、
図書館に予約しました。
借りられた本が、
「つまをめとらば」でした。

予約人数が多くて、
やっと読みました。

時代劇の物語です。
言葉使いも古いもので、
すらすらとは読めませんでした。

それでも内容は今と違う時代背景や考え方がおもしろくて、
最後まで読みました。

短編小説になっているところも読みやすいです。
1日1話読めるので、
短い時間を有効に使えます。

5話の物語です。

「ひともうらやむ」
人もうらやむ美人と結婚はしたが、・・・・という話です。
「つゆかせぎ」
最初の出会いは雨の日なので、
梅雨だと思っていましたが、
梅雨ではないようです。
精子のようです。

こんなおなごは現在にはいないと思うので、
すごく印象に残りました。
そういう考え方もありなのか。
現代人の私にはできないけれど、
子どもが4人いる私は子供が4人もいてよかったと思っているから、
こういう考えを少し理解できるが、
読んで驚いた。
どうぞ気になる方はお読みください。

「乳付」
私も上2人は母乳が出なくて、
ミルクで育てた。
下2人は母乳だけで育てたので、
内容には理解できる部分があった。

「ひと夏」
私も工夫することや人と仲良くなることが好きなので、
話の内容に興味をひかれた。
「愛」の反対語は「無視」と最近聞いたので、
なるほどと共感できる部分があった。

「逢対」
出世の人生と、
愛のある人生、
これから自分の人生は、
何を求めて生きるべきか考えさせられる物語でした。

「つまをめとらば」
嫁運の悪い男(1人目は死に別れ、他は離婚)と、
幼馴染の男(ずっと独身だが養子を育て、養子が結婚したので出てくる)が、
両方現在は独身の一人暮らしで、
隣に住んだ。

お互い気が楽で、
一人暮らしが気に入っていたが、
気になる女はいる。
これからどうするか、
嫁を迎えるか。

江戸時代頃の話で、
今とは違うところもあり、
同じところもある。

生き方の参考になるので、
おススメです。

JUGEMテーマ:小説/詩
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 11:09 | comments(0) | - |