おとなの味

評価:
平松 洋子
平凡社
¥ 1,785
(2008-01)

平松洋子の「おとなの味」平凡社を図書館で借りました。

本当はこの作者の違う本を借りたかったのですが、

小さな町の図書館にはなかったので、

この本を借りました。

ぜんぜん夢中になって読めません。

内容も、

文章も言葉使いもしっくりきません。

私が酒飲みでないからだめなのだろうと思います。

お酒が好きな人なら共感できると思います。

期限が来ても読み終わらなかったけれど、

がんばって、

3分の1くらいは読んだので、

ここに記録します。

機会があったら続きを読もうと思います。


JUGEMテーマ:読書




posted by: 本の虫 | 読み終わっていない本 | 23:38 | comments(0) | - |