<< 自分で作るルームシューズ | main | 近藤典子の片づけが生んだ奇跡 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ワンちゃん

評価:
楊 逸
文藝春秋
¥ 1,200
(2008-01)

今年の芥川賞候補になっていたので読みました。
作者の楊逸(ヤン・イー)さんは、1964年生まれの中国人です。
留学生として来日し、お茶の水女子大学を卒業。
卒業後、在日中国人向けの新聞社を経て、
中国語教師として働くと書かれています。
この本の中には、2話入っています。
「ワンちゃん」
日本にお嫁に来た中国人女性の王(ワン)さんが主人公の話です。
嫁いでからの名前は「木村紅」です。
中国では赤はおめでたいので母親が考えてくれたようです。
しあわせに恵まれない人生を送っているワンちゃんは、
商売上手で働き者だが、
いい配偶者に恵まれない。
一度目の中国での相手はハンサムだが怠け者で、
彼女にたかってくる。
離婚をしたのに どこまでも金の無心にくるので、
逃げるために独身の日本人と愛のない結婚した。
日本で新しい仕事を始めて、
やっと愛を見つけたのだが・・・

「老処女」
主人公はやはり日本で暮らしている中国人の女性です。
一人っ子政策の中国の様子もすこしわかりました。
二人目を生むと罰金を払わされるようです。
一人の子どもに家系や夢や全てをかけるようで、
子どもは期待が重くて可愛そうな気がします。
主人公は母の教えや期待に答えるために頑張ってきたのに、
母はやっと彼女の重荷がわかってきます。
日本で大学院まで出て 大学で授業を教えるまでになります。
その時は45歳になってしまいました。
結婚をしたいのにうまくいきません。
主人公が哀れで、
途中で読むのを放棄したくなりました。
最後は夢なのか現実逃避か・・・

楊逸さんの文章はポキポキと折れるようで、
滑らかな文章のつながりがないので、
ちょっとへんです。
話の内容はおもしろいので、
脚本家になればいいのにと思いました。
小説を書く作家としては、読みづらいです。
芥川賞をとれなかったことに納得がいきました。
中国語で小説を書いたらもっといいものがかけるのかもしれません。
「亢奮」という字が何度か出てきました。
興奮のことだろうと思いました。
「お祖父ちゃんはいっそのこと、畑のど真ん中に簡単な草屋を建て、
昼夜問わず、家に帰らないで、トウモロコシを見張る事にした。」
「いっそのこと」の使い方がおかしい気がする。
ちょっと、読みにくい。

先日、日本に8年住んでいる独身の女性と話をした。
大学で中国語を教えている人だ。
話し方が流暢で外国人とは思わなかった。
一時間話をした後に名前を聞いて外国人だとわかった時には驚いた。
アグネス・チャンは日本に長いけど、
日本語が上手ではない。
個人差なのか、中国語から日本語は難しいのだろうか。
楊逸さんはどんな日本語を話すのだろう。
若い人とだけ話さずにお年寄りと話したら、
外国人の日本語の勉強になりそうだ。
文学が変わってきているけど、
文章の流れはスムーズであって欲しいと思った。

人気ランキング
1日1回クリックお願いします。

JUGEMテーマ:注目★BOOK


JUGEMテーマ:小説/詩


JUGEMテーマ:読書


posted by: 本の虫 | 小説(外国人) | 12:07 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:07 | - | - |
コメント