<< 素晴らしい一日 | main | 夕凪の街桜の国―小説 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

バッテリー〈5〉 (角川文庫)

評価:
あさの あつこ
角川書店
¥ 500
(2006-06)
この文庫本は、
終わりに、
「THE OTHER BATTERY」という文庫書き下ろしも入っている。
后複機砲蓮
豪のキャッチャーとしての技術と心は立ち直ったが、
友人としての二人の関係がギクシャクしている。
ピッチャーの巧の技術も荒い。
以前は的を外すことがなかったが、
暴走することもある。
横手二中の3年生との練習でまた成長する。

新田東中の海音寺先輩や、
横手二中の瑞垣と門脇が今回は多く出てくる。
時期は3年生が受験の頃でまだ在学中の時。
門脇は推薦が決まっている。

幼馴染の瑞垣と門脇の関係。

豪と巧の関係が成長していくようすが楽しい。
NHKのドラマで見たハンサムな巧が頭に残っているので、
出演者を想像しながら読んだ。
おもしろいので一日で読み終わった。

人気ランキング
1日1回クリックお願いします。


JUGEMテーマ:小説/詩


JUGEMテーマ:読書


JUGEMテーマ:気になる書籍


JUGEMテーマ:注目★BOOK


posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 08:19 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 08:19 | - | - |
コメント