<< かみさまからのおくりもの | main | 卵の緒 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

幸福な食卓


評価:
瀬尾 まいこ
講談社
¥ 1,470
(2004-11-20)
瀬尾まいこの小説は初めて読みました。

「父さんは今日で父さんを辞めようと思う」
こんな書き出しで始まる。

この台詞、どこかで聞いたような?

そうそう、「ホームレス中学生」の父親の「解散」の台詞のようだ。

だが、こっちのお父さんは、
もっと弱々しい感じの人だ。

主人公は背の低い平凡な中学生の佐和子。

高校は進学校でトップをとるほど頭が良いのに大学に行かなかった兄と、
自殺未遂をした元中学教師の父親、
近所で別居生活している母親が家族。

こんな風に書くと、
めちゃくちゃな家族のようだが、
みんな仲が良くて優しい。

みんな真面目すぎるので心が壊れそうになるようだ。

主人公は思った事をはっきり言わない。
ワンクッションおいて、
どうでもいい事は「そうだね」と言っておく。
いい訳もしない。
言葉の最後に相手を褒めておく。

そういう性格が読んでいて癒される。
私もそんな風に受け答えられる人間でいつもいられれば、
人に好かれるだろうなと思う。
私は時々そういう人間でいられるけど、
時々腹が立ってはっきり言ってしまう。

主人公はまじめな上に、
自分を押し出さないし、
兄の直ちゃんも頭が良いのに、
強く主張しない性格で二人の会話や、
周りの人の行動がユーモアがあって可笑しい。
読んでいる途中でうっかり、
声を出して笑ってしまった箇所が2〜3回ある。

最後の方は泣けた。
テッシュが必要だ。

笑えて泣ける小説はオススメ!
☆4つ。
男の人向きではないかもしれない所が☆1つ分。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:小説/詩
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者さ行) | 06:39 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 06:39 | - | - |
コメント