<< 収納の基本と習慣333 | main | パリのおばあさんの物語 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

乱反射

評価:
貫井 徳郎
朝日新聞出版
¥ 1,890
(2009-02-20)

貫井徳郎の小説です。
この本の説明に子どもが事故で死ぬ事が書かれています。
各章には数字が書かれていて、
登場人物の事情が綴られています。
その番号が、
普通は1から始まると思いますが、
この本は、
−44から始まっています。
0で終わりかと思ったら、
1から事件が始まります。
登場人物はあまりにも多く出てくるので、
混乱してきます。
私はメモ用紙に登場人物の名前と簡単な説明を書いて、
メモを見ながら読みました。

−44は子どもの家族です。
−43から事件に関わった人たちが登場してきます。
みんな悪気はないのですが、
小さなエゴを持って行動します。
日常でやりそうな小さな自分勝手です。
そのことが小さな命を奪うなんて考えもしないで迷惑行為をします。

例えば、泊まりの旅行に行く時に、
ゴミの日が出かける日でなかったら、
高速のパーキングエリアのゴミ箱に家庭ごみを捨てます。
一回だけだからいいだろうと言い訳を考えます。

例えば、
犬の糞を始末しないで、
同じ場所にさせます。
自分は腰痛でかがむと激痛が走るから仕方がないんだと自分に言い訳をします。

例えば、
市役所の職員は苦情処理の仕事は大学出の自分がやる仕事ではないと思いつつ、
手抜きをする。

他にもたくさんのエゴイストが登場します。

子どもの親も同じようなエゴイストで、
事件現場に取材に行った時に、
自分の子どもとわかる前と解かってからでは、
取材の仕方も考え方もまるで違います。

子どもが事故に遭う場面は、
グロテスクな表現ではなかったですが、
読むのは恐かったです。
テレビの録画のように早送りで読みたかったです。

この内容は、
現代の日本人に考えて欲しい内容なので、
テレビや映画になるといいなと思います。
その時は、事件現場は早送りで音を消して見たいです。

誰かドラマにして下さい。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:小説/詩
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者な行) | 11:38 | comments(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:38 | - | - |
コメント
 
2009/04/21 7:15 PM
Posted by: アトミック書籍PR部
はじめてメールさせていただいております。私、アトミック書籍PR部と申します。本好きのブロガーの方たちへ書籍のご案内メールを差し上げております。
書名:つれあいはオランダ系オージー〜タコ社長のポジティブな豪州日記〜
著者:石原敏郎
発行所:株式会社ビジネス社
編集協力:有限会社アトミック 
ISBN:978ー4-8284-1480-5
発行:2009年2月17日 
定価:1400円
■アマゾンに詳細あり
http://www.amazon.co.jp/dp/4828414800
本の内容は、著者である石原敏郎氏(自称:タコ社長)が異国の地オーストラリアで、オランダ人のパートナーに振り回されつつも、楽しく暮らす日々を綴ったエッセイとなっております。 そこには、移民者ならではの不安や葛藤、また、日本とは違う人間同士のコミュニケーションのあり方など、さまざまな視点から物事を観察している姿がうかがえます。
よろしかったら、ご一読していただけますと嬉しい限りでございます。
■石原敏郎氏ブログ
『タコ社長、オーストラリア移住23年の過去の秘密と今のスローライフな日々』http://plaza.rakuten.co.jp/takoshacho
アトミック 書籍PR部 fraggle-nk_atomic@cure.ocn.ne.jp