<< 猫を抱いて象と泳ぐ | main | 悪女について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

贖罪

湊かなえの本は、
「告白」を読みました。
衝撃的な本でした。

今回も読み始めは、
小学生の女の子の事件なので、
読むのが恐かったですが、
読み始めると、
真相が知りたくて、
一気に読んでしまいました。

久しぶりに読み応えのある小説を読みました。

事件に関わった人たちの立場から書かれた文で構成されています。

「フランス人形」・・・紗英(さえ)
「PTA臨時総会」・・・真紀(まき)
「くまの兄妹」・・・晶子(あきこ)
「とつきとおか」・・・由佳(ゆか)
「償い」・・・麻子(あさこ)
「終焉」

これらは最初の事件に関わった話で、
徐々に真相が明らかになっていきます。

事件の日に一緒にいた4人の小学生の女の子が大人になっても、
心の中に事件を引きずっています。

「PTA臨時総会」は、
最近の給食費を払わない親や、
全ての事を人のせいにする大人たちに、
言いたい事を言ってくれた感じでスッキリします。

小さな子の事件が起こらないように、
そしてどうしたら殺人事件を防げたのだろうかと考えてしまいました。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者ま行) | 21:13 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:13 | - | - |
コメント