<< 人生がときめく片づけの魔法 | main | 神去なあなあ日常 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

おじさんとおばさん

評価:
平 安寿子
朝日新聞出版
¥ 1,575
(2010-04-07)

平安寿子(たいらあすこ)の小説です。

平安寿子さんの小説を読むのは4冊目です。

平安寿子さんの小説は、
ピリ辛とか、
シャキっとした感じではなく、
ゆったりとした小説です。

頭を休めたい気持ちの時に読みます。

「おじさんとおばさん」も、
特別におもしろい小説ではありませんが、
最後まで読みたくなる本でした。

この人は私と同じ年でした。
だから共感できるのかなあ。

娘に薦めてもつまんないと言われそうです。

同級生に薦めたら、
「いいんじゃないの」と言われそうです。

内容は、
昭和28年生まれの同級生が、
元担任の息子のパーティーに呼ばれて再会して、
プチ同窓会に発展して集まりだした話しです。

2次会まで残った男3人女3人の6人が、
同窓会の幹事として、
集まり、
恋愛や家族のこと健康のことなどで、
話が発展していく。

第一話 愛のプレリュード、
第二話 男の子女の子、
第三話 プレイバックPart2、
第四話 愛なき世界、
第五話 HELP!、
第六話 希望。

流行歌の題名と物語を掛けています。

若い人にはオススメしないけれど、
年配の人にすすめます。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。



JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者た行) | 15:00 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 15:00 | - | - |
コメント