<< デパートへ行こう | main | ねこどけい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

砂のお城の王女たち

本棚の整理をしたら、
古い本が見つかりました。
私が読んだ本は、
新潮社の単行本です。
赤川次郎の本は息子が好きで、
何冊も我が家にありますが、
私は初めて読みました。

子供用の本のような表紙なので、
すぐ読めるだろうと思って読みました。

5つの短編が入っています。

「砂のお城の王女たち」

「神童」

「僕らの英雄」

「ゲームはおしまい」

「真夜中の子供たち」

どれも子供が恐いです。

「砂のお城の王女たち」は、
海外赴任して、
何年も家を空けていた男のマンションに、
二人の小学生が勝手に住み着いて、
自分達のお城を作り上げ、
持ち主の男に怖い事をする話です。

「神童」は、
割と何でもできる男の子が、
ピアノを習ってもいないのに、
ピアノの先生の前で上手に弾いたことから、
タダで先生に教えてもらって、
どんどん上手になり、
そのことが口コミで有名になり、
神童と言われ、
テレビにも出るようになる。
自分でもボクは天才だからなどと言う。
本物の天才ではないので、
これからどうなるのか子供や親の事を考えながら読むと、
心配でドキドキしてくる。

「僕らの英雄」は、
平和な町で、
放火や、
車のタイヤを傷つけたり、
人が襲われる事件が立て続けに起こる。
犯人は小学生だが、
その子は親切をして表彰された子なので、
誰も疑わない。
その子を怪しいと思う人も現われるが、
どうなっていくのか。
親は自慢の息子に鼻高々で、
犯人がわかったらどうなるのだろう。
ちょっと恐い話である。

「ゲームはおしまい」は、
「人を殺すのってむずかしいのかなあ」という言葉を小学生の息子が、
母親に言う台詞で始まる。

小学5年生の元久は、
卒業式に歌を歌う代表メンバーの、
リーダーに選ばれた。

元久は真面目で融通が利かない性格。
朝練習をみんなに提案する。
10人のメンバーのうち、
谷口光志は乱暴者で通っている。
親が理事をしている。

毎朝の練習に谷口だけは出てこない。
他のメンバーは出てこない時もあったが、
なんとか出てきて歌えるようになるが、
一度も練習をしない谷口が本番でヘンな歌声を出すと、
歌が乱れる。
ところが本番は9人で上手に歌え、
拍手喝さいをもらう。

さて、谷口はどうなったのか。

谷口の事を想像しながら読むと恐くなる。

「真夜中の子供たち」は、
借金取りに追われて、
にっちもさっちも行かなくなった男が、
突然に知り合いからお金を借りる事ができた。
懐に大金を持って帰宅途中に、
小学生に誘拐され、
逆に小学生誘拐犯人にでっち上げられる。

テレビなどでいろんな犯罪を目にする小学生たちが、
大人をだましたり、
犯罪を犯すと、
何も知らない親が、
子どもが捕まって、
真相を知った時に大変なことになる。

子供の行為も恐いが、
家族に及ぼす影響も恐いと思った。

この5つの話は結末は恐くないので、
読むといいと思います。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 17:49 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:49 | - | - |
コメント