<< ねこどけい | main | 神様のカルテ 夏川草介 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

私の遺言 

評価:
佐藤 愛子
新潮社
¥ 1,680
(2002-10)

佐藤愛子の本です。

佐藤愛子が北海道の家を買ってから起こった超常現象を通して、
色々な人と出会い、
原因を探り、
現象をおさめる努力をする。

そのために知り合った人の中には、
若い頃の江原啓之や美輪明宏などもいる。

読み始めた頃は恐かったが、
終わる頃には、
そうでもなくなった。

阪神大震災や少年Aの事件や、
実際に日本で起こった話も出てくる。

原因については、
ここに書かれていることを信じても信じなくても、
日本人としては読む価値はあると思う。

これからの生き方の参考になると思う。

科学文明の発達で、
人間第一主義が起こした現代の荒れた社会について、
考えるきっかけになった。

佐藤愛子の本は初めて読んだので、
他の本も読んでみたくなった。

自分が何をするために生まれてきたのかも見つけていきたい。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | エッセイ | 08:34 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 08:34 | - | - |
コメント