<< 私の遺言  | main | ビタミンF 重松清 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

神様のカルテ 夏川草介

評価:
夏川 草介
小学館
¥ 980
(2009-08-27)

夏川草介の小説です。

映画化されました。

主人公の栗原一止(くりはらいちと)は嵐の桜井翔。
妻の榛名(はるな)は宮崎あおい。

信濃大学を卒業して、
本庄病院に勤務する栗原一止は、
24時間365日開業の救急患者も受け付ける病院で寝る間も惜しんで働いている。

新婚の妻との結婚記念日も家に帰れず、
連絡も取れなかった。

住まいは、
古いボロアパートで、
住民の学士殿と男爵とは心を通わせた友である。

この小説の文章が、
主人公の古い言葉使いなので、
こちらも言葉使いが移ってしまう。

夏目漱石が好きで同じ小説を何度も読んでいるらしい。
島崎藤村の「夜明け前」も好きらしい。

主人公は大学病院に呼ばれているが、
大学病院で見放された癌患者を受け入れて、
その人(安曇さん=加賀まりこ)からの言葉で考える。

この小説は泣ける小説で、
安曇さんからの手紙の場面では泣いてしまったが、
全体にゆるい内容で、
読んでいると眠くなってなかなか先に進めなかった。
薄い本なので、
桜井翔のファンなら読むといいと思う。

映画のキャストは私の想像とは違っているので、
観たいとは思わない。

きっと宮崎あおいは演技が上手だからハルに成り切れると思うが、
他の人は私の中のイメージとは違う。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者な行) | 09:25 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 09:25 | - | - |
コメント