<< 神様のカルテ 夏川草介 | main | センスがいいとほめられるインテリアのルール >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ビタミンF 重松清

評価:
重松 清
新潮社
---
(2000-08)

重松清の7つの短編集です。

ビタミンFはないそうです。
ないから書いたそうです。

体にいい小説をめざして書いたそうです。

family、father、friend、 fight、 fragile(壊れやすい)、fortune(運命)、

Fで始まる言葉をキーワードにして書いたそうです。

1)ゲンコツ、
2)はずれくじ、
3)パンドラ、
4)セッちゃん、
5)なぎさホテルにて、
6)かさぶたまぶた、
7)母帰る

「ゲンコツ」
ニュータウンに住む加藤雅夫が主人公。
この話のFは父親だと思う。
駅の周りでたむろしている若者を恐いと思いながらも家に帰る。
何か事件が起こりそうな予感で、
ドキドキしながら読む。
ハッピーエンドに近いが、
スッキリ解決しないまま終わる話。

「はずれくじ」
Fは運命、幸運かな。
主人公の修一の妻淳子は入院をしている。
息子の勇輝は最近悪い仲間と付き合っているようだ。
気の弱い勇輝は使い走りをされているらしい。
修一の父親が昔、
宝くじを買っていた。
当たったら、
その金でどこかに逃げたいようだった。
40代の男は、
この人生は間違ってなかったのだろうかと考えたくなる年頃なのだろうか。
そんな話が多い。

「パンドラ」
ニュータウンに住んでいる孝夫の娘の奈穂美は中学生。
男と付き合っているようだ。
自分の若い頃の恋愛と妻とのいきさつを思い出す。
恋愛相手の美由紀さんの電話番号を友人から聞き出す。

「セッちゃん」
雄介の娘の加奈子は中学2年生。
クラスでいじめにあっている。
加奈子が最近しきりにクラスでいじめにあっているセッちゃんの話をする。
加奈子が来るなと言っていた運動会に夫婦でこっそり行って、
ダンスの振り付けでみんなに無視されていたのは、
セッちゃんではなく、
加奈子だと気づく。
担任とも話し合う。

「なぎさホテルにて」
達也は、
なぎさホテルに、
独身の頃に恋人の有希枝と来た。
妻とは離婚も考えている仲だ。
37歳の誕生日の前に着く未来ポストの手紙がホテルから届いた。
その中にホテルの優待券が入っていたから、
家族4人で来た。
ホテルの受付で、
妻に内緒で、
妻の名前を有希枝と書いた。

「かさぶたまぶた」
政彦には、
高校3年生の秀明と小学6年生の優香がいる。
優香は学校に提出する自画像が描けなくて困っている。
政彦はなんでもできる男で、
誰にでも厳しいと家族にも思われている。
堅苦しい関係をくずして、
弱い一面も見せられるようになったら、
家族は再生するだろうか。

「母帰る」
37歳になる拓己が主人公。
姉の和恵は一人息子の翔馬と暮らして、
浜野とは離婚している。

母親は拓己が結婚すると、
父とは熟年離婚をして家を出た。
中村という男と一緒に暮らしたが、
籍は入れず、
中村が死んだ。
その事を知って、
父親はまた母と暮らそうと思っている。

拓己と和恵は母親を許せないから、
帰ってくることに反対する。

しかし、父は年老いてきて、
自分は都会から帰って来られない。

この話はいい方向に解決して、
内容も解かりやすかった。

この話のFは「家族」でもあると思う。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 重松清 | 18:48 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:48 | - | - |
コメント