<< はなはなみんみ物語 | main | 壁を破る言葉 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ゆらぎの詩の物語

この本はわたりむつこ作の児童書です。

前回読んだ「はなはなみんみ物語」の2作目で続きの物語です。

ははなはという男の子の小人と双子のみんみという女の子の、
登場する物語です。

小人同士の戦争でほとんどの小人が死んでしまいました。

かろうじて生き残った数人の小人が仲間を探して、
一緒に暮らすようになったのが一話でしたが、
この二話は戦場になった元の小人の国を探して、
もう一度そこに住もうと冒険に出る話です。

小人の国を見つけたけれど、
小人の国は、
元の形をしていないで、
どんどん海の中に沈んでいく状態でした。

沈む原因を探して、
沈むのをくい止める方法も探すことにします。

この島に着くまでの船旅で小人の二人の命が亡くなり、
ゆたのお父さんが仲間から離れていきます。

島がゆれたり、
大雨が降ったり、
海でおぼれそうになったり、
ハラハラドキドキする物語です。

戦争はいけないというメッセージがあり、
話の内容もおもしろく、
夢中になって読める本です。

この話をジブリで映画にしてくれたらいいなと思いました。

大人にも子供にもお勧めします。


人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:本を見つけたよ
 
posted by: 本の虫 | 児童書 | 22:19 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:19 | - | - |
コメント