<< ガリレオの苦悩 | main | はなび >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

カッレくんの冒険

評価:
アストリッド リンドグレーン
岩波書店
¥ 756
(2007-02-16)

カッレくんシリーズは2冊目を読みました。
1冊目もおもしろかったですが、
これもおもしろかったです。

スウェーデンで人気の児童書だそうです。
作者のA・リンドグレーンは人気の作家だと、
「あとがき」に書かれてました。

私が読んだ本は1958年に日本語訳で書かれた本です。

男の子のアンデスとカッレと、
女の子のエーヴァ・ロッタの3人は仲良しでいつも一緒に遊んでいます。

白バラ軍と名乗り、
赤バラ軍の3人といつも戦っています。

今回は、
赤バラ軍と奪い合っている石の『聖像』の隠し場所を変えるために、
指令を受けたエーヴァ・ロッタが一人で大平原の地主屋敷に出かけた。

そこでグレーンじいさんの死体を見つけ、
犯人の男と出会う。

一目散に家に帰ったが、
警察に事情徴収された内容を新聞に書かれ、
エーヴァ・ロッタの住所や名前や犯人の着ていたズボンまで書かれてしまう。

今の時代なら、
そこまで書かれたら、
犯人が捕まるまで、
用心をするが、
のん気にまた現場まで子どもだけで行ってしまう。

その他にも、
犯人から送られてきた毒入りチョコレートの件や、
遊びの続きの感覚で、
アンデスが人の家にこっそり忍び込んだり、
ヒヤヒヤドキドキする話です。

犯人と遭遇した時のカッレの知恵は、
読む人にも想像力を養ってくれると思う。

おもしろくて引き込まれる内容でした。

子どもにも大人にもオススメします。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:本を見つけたよ
 
posted by: 本の虫 | 児童書 | 18:51 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 18:51 | - | - |
コメント