<< 漁港の肉子ちゃん | main | 寄る年波には平泳ぎ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

評価:
小山田 浩子
新潮社
¥ 1,296
(2014-01-24)

小山田浩子さんの小説は初めて読みました。

どこかで紹介されていて、
おもしろそうだと思って読みました。

3つの短編が入っています。

「穴」
「いたちなく」
「ゆきの宿」

どれも田舎が舞台で、
見えないものがあるような話です。

私はみえないものを怖いとおもいながらも、
気になるところがあります。

「穴」では、
ちょっと間が抜けた女主人公の夫の兄が、
見えない人のような気がしましたが、
よくわからなかったです。

穴を掘る獣の正体も何者か気になり読み進めました。

変な小説ですが、
正体を知りたいがゆえに、
どんどん読めました。

内容はよくわからなかったですが、
読みやすい小説なので、
想像を膨らませながら読むといいと思いました。

「いたちなく」は、
「なく」が「泣く」なのか、
「無く」なのか、
ひらがなのところが主題なのでしょうか?

殺されるいたちのことを想像すると、
いやな気分で心に残ります。

主人公の友人の古い田舎屋にイタチが出ます。
主人公の夫妻が、
友人の家に結婚祝いを兼ねて尋ね、
イタチの話をします。

「ゆきの宿」
「ゆき」は友人の娘の名前の「幸子(ゆきこ)」の幸と、
積もった雪の「雪」を兼ねています。

イタチの出た友人の家に夫妻で、
出産祝いに行った時に、
大雪で帰れなくなり、
泊まりました。

その時の話には、
金縛りが出てきました。

怖い話ではないですが、

現実感のないけだるい話の小説でした。

つまらなくはないので、
おススメします。

JUGEMテーマ:小説/詩
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 10:52 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 10:52 | - | - |
コメント