<< 紙の月 | main | サウスバウンド >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

風に立つライオン

評価:
さだ まさし
幻冬舎
¥ 1,646
(2013-07-18)

さだまさしさんの長編小説です。
400詰め原稿用紙で592枚も書いたそうです。

歌手なのに、
さだまさしさんはすごいなと感心しました。

ケニアで戦争中の人助けの医療に対して、
真摯に挑む主人公の航一郎。

明るく気さくで、
現地の人にも打ち解けて好かれる主人公の姿に、
周りの人の心も変わってくる。

人の心を良い方向に導いていく姿が感動的だった。

彼がいなくなってから、
何年も経って、
航一郎が助けた少年(ンドゥング)が医者になり、
東日本大震災で、
治療しながら人の心を応援してく。

震災で人を元気にしていった木場さんの姿の中に、
航一郎の姿を思い出す。

心のバトンがつながっていく場面で、
感動で泣いてしまった。

人間は心の持ち方で、
周りを明るくできると思った。

窮地に陥った時、
明るい考え方をしようと思った。

この小説は、
大沢たかおさんから、
物語を書いてくれと言われて書いたそうだ。
読みながら、
航一郎の姿を大沢たかおのイメージで読んでみたら読みやすかった。

さだまさしさんの「解夏」を読んでみたいと思った。


JUGEMテーマ:最近読んでる本
posted by: 本の虫 | 小説(作者さ行) | 14:28 | comments(1) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 14:28 | - | - |
コメント
 
2015/01/02 10:24 PM
Posted by: piano
明けましておめでとうございます。
ときどき、ここで紹介されている本を読んでいます。風に立つライオンっておもしろそうですね。
今年もよろしくお願いします。