<< 風に立つライオン | main | いろは匂へど >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

サウスバウンド

評価:
奥田 英朗
角川書店
---
(2005-06-30)



「サウスバウンド」奥田英朗の長編小説です。

奥田英朗の小説で好きな本は、
「イン・ザ・プール」です。

問題が起こって、
解決していく小説だから好きです。

ハッピーエンドになるから安心して読めます。

奥田英朗の小説は、
個性的な男が主人公で、
普通の人から見ると、
笑える場面が多いです。

主人公は小学生の上原次郎です。

父親が変わり者で、
大学生の頃は、
学生運動家でした。

警察や公務員が嫌いで、
くってかかっていきます。

次郎や妹を学校に通わせなかったり、
職員室に怒鳴り込んだりします。

元仲間が人を殺して、
そのために、
一家は沖縄の海に浮かぶ島に移住することになりました。う

電気も水道もない生活です。

それでも島の人間はいい人で、
全校生徒7人ですが、
みんな優しくて仲良しです。

家の権利を主張する不動産屋との戦いに敗れて、
夫婦二人で逃げます。

子供たちは3人で、
両親が迎えに来るまで、
生活します。

次はどうなるのか、
ということを感じさせる物語で、

おもしろい小説でした。



JUGEMテーマ:読書
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 20:47 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:47 | - | - |
コメント