<< いろは匂へど | main | 波風 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ほろびぬ姫

評価:
井上 荒野
新潮社
¥ 1,512
(2013-10-31)

「ほろびぬ姫」は井上荒野の小説です。
井上荒野の小説を読むのは3冊目です。

井上荒野は「いのうえあれの」と読みます。
1961年生まれ、調布三中、玉川学園、成蹊大学出身です。
井上光晴の長女です。

主人公のみさきは新時という夫がいる。
新時(しんじ)には盛時(せいじ)という瓜二つの双子の弟がいる。

ずっと離れ離れだったが、
夫が弟をやっと探した。

夫は癌に侵されて、
余命いくばくもない。

手の施しようがないので、
ホスピスに入院する。

夫は自分の死後、
妻が弟と結婚して欲しいと望み、
弟を探し当てた。

姿かたちは似ていても、
兄弟は性格が正反対だった。

夫婦というものの実態や、
一緒に経験した記憶が本物か、
夢幻であったのか、
私にも時々、
わからなくなることがある。

その部分を白い乳白色でおおわれた記憶のように、
表現している部分が、
共感できた。

生きてきた記憶は、
本当に実体のあるものだったのだろうかと思うことがある。

私は昼間働いている夫のことを見たことがない。

私が一緒に暮らしてきた人はずっと同じ人だろうかなどと、
SFぽく考えてみることがある。

生きていることは時々物語の中のことのように思うこともある。


JUGEMテーマ:小説/詩
posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 21:12 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - |
コメント