<< ぼくを探しに | main | 鹿男あをによし >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

空中スキップ

評価:
ジュディ・バドニッツ
マガジンハウス
¥ 1,995
(2007-02-22)

ジュディ・バドニッツの小説です。
この本は「本の雑誌社」顧問の目黒考二という人がラジオで紹介していました。
人気の本らしいです。図書館で借りたら、予約の人がたくさんいました。
23の短編集です。
作者はマサチューセッツ州出身です。
 「犬の日」
戦争で近所の人がだんだんいなくなり、
食料も配給されなくなっていく。
仕事もなくなる。
汚い犬のぬいぐるみをきた男が犬になりきって毎日やってくる。
妄想のようなへんな話で読んでいると暗くなります。
目黒さんはラジオでこの話をうれしそうに紹介していたので、
文学好きな男の人には、ツボにはまる話のようです。

 「借り」
これはブラックユーモアな話で怖いです。
心臓病の母親に、
「心臓を提供しろと」周りの人たちから言われる話。
心臓を提供するなどありえない話ですよね。
周りから攻められている息子の話です。

 「秋冬ファッション・カタログ」
線路に縛り付けられている花嫁を救う花婿の写真が流行ります。
命がけの写真です。
男の思い込みと女の気持ちの違いなどが書かれています。

 「道案内」
劇場に行こうとした夫婦がなかなかたどり着けない話です。
夢の中のような話です。何かスッキリしない疲れが残る話です。

 「チア魂」
精霊(スピリット)の声が聞こえて、チアリーダーになる。
精霊が味方してくれるのでどんどん成功していき、
ナンバー2にまでなれる。
幸運を手に入れていくのだが、
だんだんくるい始めて、精霊に見放されたようになっていきそして・・・。

 「アートのレッスン」
ヌードモデルをデッサンしている教室の話。
モデルと生徒が交換する。
終わりはたいへんなことになる。

 「イェルヴィル」
娘が連れてきた男はイェルヴィルという町に住んでいた。
一風変わったイェルヴィルの話をする男。
それを聞いている父親と母親と妹。
父親は話の内容にいらだってくる。
最後の手紙にはオチがある。

 「アベレージ・ジョー」
私はこの話が一番好きです。
国の中で統計的に平均値の男に、大企業から電話がかかってきたり、
大統領が会いに来たりします。
平均的な国民の意見や考えを聞きたがります。

 「飛ぶ」
女が建物の上からとびおりる話。
短い話です。

 「作曲家」
趣味でピアノを弾いていた父親が病気で死んでから、
母親は元気を失った。
幼い息子がピアノを弾く音を聞いてからは、
息子にピアノを習わせてすこしずつ元気を取り戻していった。
息子は母のために作曲をして有名な作曲家になったが・・・。

 「公園のベンチ」
昼休みの妄想のような話。

 「百ポンドの赤ん坊」
二人目の赤ん坊を産んでから動かなくなった母親がどんどん太っていく。
父親と不仲になっていく。
一人目の息子の目線で見た話。

  「本当のこと」
二人姉妹の姉の方の話。
田舎のコーヒーショップでバイトをしている姉のお腹が大きくなってきた。
真実は・・・。

 「お目付け役」
姪のデートにお目付け役で付いてきたおばの話。

 「バカンス」
男女が旅行に出かける。
バスに乗り合わせた変わった人たちとの出会いが、
心に残る。女の目線で書かれている。

 「スキン・ケア」
皮膚病にかかった妹と、家から出られなくなった姉の話。

 「生まれない世界」
子供が生まれなくなったらどうなるのかという話。

 「レクチャー」
新しい先生に対して、ここの学校の生徒についての対応の仕方を話す。

 「電車」
電車に乗り合わせた人たちの事情を順繰りに物語る。

 「パーマネント」
死に化粧の話。

 「ブルーノ」
アパートの隣人のこと。

 「焼きつくされて」
嫉妬深く愛された話。

 「ハーシェル」
赤ん坊作り職人ハーシェルの話。

短編集は読みやすいものですが、
外国人のブラックユーモアはよく理解できないので、
読むのに疲れました。
やっと、読み終わった感じです。

人気ランキング
1日1回クリックお願いします。
posted by: 本の虫 | 小説(外国人) | 19:51 | comments(2) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 19:51 | - | - |
コメント
 
2007/09/01 8:04 AM
Posted by: piano
読みたくなる本がいっぱいです。
これもチェック〜。
2007/09/04 10:09 AM
Posted by: 一個
この本は、新聞でも紹介されていたので、どんなかな〜と思っていました。
でも、先に「センセイの鞄」を読もうかな…(笑)