<< ぼくたちに、もうモノは必要ない。 | main | 眩(くらら) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

おせんとおこま

評価:
飯野 和好
ブロンズ新社
¥ 1,512
(2016-05-18)

読売新聞で紹介されていまたので、

気になって読んでみました。

 

飯野和好さんの絵本です。

 

日本人が着物を着ていた頃の物語です。

茶屋の娘と山の娘の話です。

 

印象に残る絵なので、

読んでみるといいと思います。

 

 

JUGEMテーマ:本を見つけたよ

posted by: 本の虫 | 絵本 | 21:21 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:21 | - | - |
コメント