<< 沈黙の町で | main | 邪魔 >>

ツバキ文具店

評価:
小川 糸
幻冬舎
¥ 1,512
(2016-04-21)

小川糸の「ツバキ文具店」を読みました。

鎌倉で、

代書屋をしている雨宮鳩子の物語です。

 

鎌倉の様子が詳しく書いてあるので、

実在しているように錯覚してしまう。

 

手紙の書き方の説明が書かれているので、

実用本としても活用できそうだ。

 

拝啓・前略・かしこなどの説明が書かれている。

 

母が出て行って、

祖母に育てられた鳩子の祖母に対する思いが、

後半に書かれている。

 

初めは代書を頼む人のエピソードだと思っていたが、

鳩子が鎌倉で、

暮らし始めてから、

自分や祖母のことが見えてきて、

出会った人たちによって、

小さいころからの心のわだかまりが、

溶けていく。

 

もしもドラマや映画にするのなら、

男爵という人は「津川雅彦に演じてもらいたいと思った。

 

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 20:12 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:12 | - | - |
コメント