<< ポイズンドーター・ホーリーマザー | main | 図書館大戦争 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ポイズンドーター・ホーリーマザー

湊かなえの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」を読みました。

短編小説集なので、

すぐに読み終わりました。

でも内容は暗い話ばかりなので、

ストレスを感じて体が弱っている時には、

読むのがつらかったです。

暇な元気な時に読みたかったです。

 

「マイディアレスト」

婦女暴行事件と、

母親と姉妹の関係の話。

母親の愛情が欲しくて、

嫉妬心が生まれる。

最後が怖い結末。

 

「ベストフレンド」

脚本の賞をもらった3人の人が絡む話。

こちらも嫉妬心の話。

結末はかわいそう。

 

「罪深き女」

家電ストアで刃物を振り回して、

死傷者15人を出した犯人、

黒田正幸の不幸はある女から始まったのではないだろうか。

子どもの頃、

同じアパートに住んでいた母子家庭の二人の男の子と女の子。

母親の行いを知らずに、

男の子に親切にしている年上の女の思い込みが書かれている。

イタイ女の自信たっぷりの話が、

読んでいるとイラっとしてくる。

 

「優しい人」

娘に厳しくて、

思い込みで娘を育ててしまう母親の影響を受け、

少し壊れている娘のせいで起こる事件。

 

母親に強く言われて、

自分のやりたくないことを引き受けてしまうが、

最後には我慢ができなくなり、

相手の男の子を傷つけてしまう。

 

傷つけられた男の子が起こす事件。

 

「ポイズンドーター」

娘を自分の思い通りに育てようとして、

上から押し付けていく母親。

子どもの頃は逆らえなくて、

従っていくが、

大人になって、

「毒親」と叫んでしまった女優。

 

その言葉が波紋を呼んで、

傷ついていく人たち。

 

「ホーリーマザー」

ポイズンドーターに対して、

同級生の意見。

 

「ポイズンドーター」が一番興味深かった。

 

子育ては大事だと改めて思った。

母親は自分の考えだけを押し付けてはいけない。

 

どの話も恐ろしい話であり、

考えさせられる話だった。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者ま行) | 20:40 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 20:40 | - | - |
コメント