<< なつめさんちの新しいのになつかしいアンティークな部屋づくり | main | やめてみた。 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

陸王

評価:
池井戸 潤
集英社
¥ 1,836
(2016-07-08)
コメント:泣ける小説です。

池井戸潤の「陸王」を読みました。

泣ける小説を検索して見つけました。

 

老舗の足袋屋が経営の先細りをくい止めるために、

ランニングシューズの開発をして、

売り出す話です。

 

最初はありえない話で無理だろうと思って読んでいましたが、

先が気になって、

どんどん読み進めて、

止まらなくなり、

長い小説でしたが、

読み終わりました。

 

途中何度も泣きました。

 

ドラマになりそうな小説だと思いました。

 

体の故障で挫折を味わったマラソン選手が復帰して、

陸王というシューズを履いてくれるのか?

 

足袋屋が資金繰りの事情で、

何度もシューズ作りを断念しなければならない状況におちいる。

 

テレビドラマを観ているようにおもしろい小説でした。

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者あ行) | 11:43 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:43 | - | - |
コメント