<< カエルの楽園 | main | 一生、散らからない部屋 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

空中庭園

評価:
角田 光代
文藝春秋
¥ 551
(2005-07-08)

角田光代さんの「空中庭園」を読みました。

「八日目の蝉」や「対岸の彼女」ほどはおもしろくなかったです。

 

「ラブリーホーム」

「チョロQ」

「空中庭園」

「キルト」

「鍵つきドア」

「光の、闇の」の題名の目次がありますが、

短編ではありません。

主人公は同じ人です。

 

「あたしはラブホテルで仕込まれた子どもであるらしい」から始まる文章は、

一気に読む気を失いましたが、

「空中庭園」は有名は題名なので、

読まずにいたくないので、

読みました。

 

女子高校生が、

例の野猿というラブホに、

同級生の男子と行く場面はやすっぽい話でやだなと思いました。

 

テレビドラマならチャンネルを変えます。

 

浮気をしている父親、

父親の浮気相手と仲良くなる弟。

 

読み終わっても心に残らない内容でした。

 

 

JUGEMテーマ:小説/詩

posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 11:36 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 11:36 | - | - |
コメント