<< やまんば娘、街へゆく | main | 九十歳。何がめでたい >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

ハリネズミの願い

評価:
トーン テレヘン
新潮社
¥ 1,404
(2016-06-30)

トーン・テレヘンの「ハリネズミの願い」を読みました。

新聞に公告が載っていたので、

おもしろそうだと思って図書館で借りたのですが、

私には合っていませんでした。

 

この本の良さが見つかりませんでした。

 

作者はオランダで有名な作家です。

文学賞を多数獲得しています。

 

そういう人が書いた本だから、

私には合わないのかも。

 

「臆病で気難しいあなたにおススメの本です。」と本のカバーに書かれていました。

 

臆病なハリネズミが誰かを家に招待したいから、

みんなに手紙を書きますが、

不安にかられて出すことができません。

 

たくさんの動物たちを順番に想像して、

結局何も行動せずに、

ずっと話が続いていきます。

 

同じことの繰り返しにイラッとしてきます。

飛ばし読みをしても同じような内容です。

 

この本が人気の理由がわからないくらいです。

 

でもきっと、

臆病で気難しい人には、

共感できる部分があるのだろうな。

 

いろんな人がいることはいいと思うので、

こういう本があるのもいいと思う。

 

 

JUGEMテーマ:最近読んでる本

posted by: 本の虫 | 小説(外国人) | 13:21 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 13:21 | - | - |
コメント