<< 月おとこ (評論社の児童図書館・絵本の部屋) | main | いのちのバトン ―初めて出会う相田みつをのことば (角川文庫) >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

家日和


評価:
奥田 英朗
集英社
¥ 1,470
(2007-04)
奥田英朗の短編集です。
奥田英朗の小説は大好きです。
今回も1話目から引き込まれました。

「サニーデイ」
男女二人の中学生がいる主婦が、
ネットオークションに夢中になる話です。
私もネットオークションに興味津々なので、
夢中になりました。
実際にやったように詳しい話でやり方も少しわかりました。
子供に手がかからなくなって、
夢中になる物もなく日常に寂しさを味わっていた時に見つけた楽しみ。
変わっていく自分。
小さな出来事から、夫に対しての気持ちも変わってくる。
ハッピーエンドな所も後味がいい。

「ここが青山」
幼稚園児の父親の会社が倒産した。
妻に報告したら、さほどがっかりしなかった。
妻は以前勤めていた会社に電話したら、
職場に復帰していいと迎えられた。
そして、夫婦の仕事が逆転した。
夫は主夫になり、息子の弁当を作って送り迎えする。
「パパの会社、トウサンしたの」
と皆に言ってしまったので周りの方が気を使う。
本人はこの仕事が向いているようで、楽しんで家事をする。
料理本も買って張り切る。
周りの人3人から言われた言葉。
「人間いたるところ青山あり」
「ジンカンいたるところセイザンあり」
と読むそうです。
勉強になりました。
奥田英朗のプラス思考の文章が好きです。

「家においでよ」
インテリアの話が中心で、この話も大好きです。
子供のいない夫婦の話。
妻に出て行かれた。
妻は家電メーカーのデザイナーで、
実家の両親が東京タワーが見えるマンションを持っている。
部屋が空いたので、離婚するために出て行く。
多分、センスの良いおしゃれなインテリアにしているだろう。
センスの合わない家具は置いていった。
カーテンや電化製品も無くなっている。
残された夫は、
最初はガランとした家に寂しさを覚えるが、
週末は カーテンや家電製品を買いに行く。
車も一人では必要ないので売るつもりでお金もなんとかある。
趣味のレコードなどオーディオ製品や、
ソファーなどをじっくり探しながら買い求めていく。
まさに独身男の趣味の部屋になった。
妻に逃げられた男に、同情して友人が遊びに来る。
男にとっては快適な家に3人の同僚が集まる。
そして小さな出来事が起こったり、
妻との関係もおもしろい。
私も家のことについては夫の事も少しは考えようと反省した。
世の中の奥さんも反省する材料になると思います。

「グレープフルーツ・モンスター」
つまらない日常の中で変わった楽しみを見つけた主婦の話。
パソコンを使った内職をしている主婦と担当者。
夢の話なので誰にも迷惑かけずに、
きれいになったのだからいいんじゃないの。

「夫とカーテン」
奥田英朗の小説に出てくる男は変わっているが憎めない男が多い。
営業マンの夫は人に好かれるが、
すぐに職を変える。
イラストレーターの妻は振り回される。
今回も勝手に辞めて、
カーテン屋を始める。
資金は夫婦で貯めたお金を使う。
しっかり者で常識的な妻は、文句を言いながらも手伝う。
営業マンにはヒントになることもありそうだ。

「妻と玄米御飯」
小説家の夫の話。
文学賞を取って売れ始めたら、
妻の付き合う人も新しくなった。
元モデルの妻と経営者の夫でロハス好きな夫婦。
ちょっと好きになれない小説家が締め切りの迫った原稿に、
この夫婦のことや妻のことをおちょくった文章で書いてしまう。
さてどうなることか。

人気ランキング
1日1回クリックお願いします。
posted by: 本の虫 | 奥田英朗 | 08:52 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 08:52 | - | - |
コメント