スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

グロテスク

評価:
桐野 夏生
文藝春秋
¥ 2,000
(2003-06-27)

桐野夏生の小説です。

桐野夏生の小説で読んだのは3冊目です。
「OUT」「錆びる心」を読みました。

読みたい本が無かった時に、
どんな小説を読んだらいいのかわからないので、
作者で選びました。
2冊ともおもしろかったので、
桐野夏生の小説ならがっかりしないと思ったので読んでみました。

感想は面白かったです。
でも長編で、
なかなか読み終わらなかったです。
やっと読み終えました。

日本人の母親とスイス人の父親から生まれた主人公の女性は、
美しすぎる妹(平田百合子)に根深く嫉妬して、
意地悪すぎる女です。

冬の寒い日に妹と一緒に帰る時に、
先に入って鍵をかけ、
「おまえなんか死んでしまえ」と言う様な女です。
妹は来た夜の道を一人で戻りました。

両親もその行為に驚いて、
父親の国に帰る時には、

姉が日本に残りたいと言ったので、
姉とは二人だけにしないように妹は連れて行きました。

姉は妹とは離れたいので、
猛勉強をして、
妹の頭では入れないような、
お嬢様学校のQ女子高に入りました。

ところが母親がスイスで自殺して、
父親が再婚をするために、
妹も帰国してきて、
帰国子女枠で、
同じ高校に入ってきました。

売春をしているうわさを聞いた姉は、
妹のことを密告して退学させました。

妹はモデルをしてお金を稼いで暮らしましたが、
年をとって美しくなくなり、
売春をして、
中国人の男に殺されました。

姉の同級生の、
真面目だったOLの佐藤和恵も平田姉妹に影響を受けて、
売春をして、
男に殺されました。

殺人者の中国人の男は、
中国の貧しい家に生まれ、
美しい妹と二人で、
故郷から脱出し、
日本に密入国してきました。

妹は日本に入る前に海に落ちて死にました。

貧しさの描写がリアルで、
読んでいると、
苦しくなってきます。

この小説を読んでいる間は、
心が暗くなるので、
読み終えてよかったです。

それでも内容はおもしろいので、
読んでよかったと思います。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 17:50 | comments(0) | - |

母さんのコロッケ

喜多川奏の小説です。

18年間勤めた大手の自動車メーカーを辞めて、
塾を開く事にした秀平が主人公です。

場所を探して、
やっと塾を開いたが、
生徒は5人しか集まらないで、
貯金はドンドン減っていく。
そのうえ、妻が二人目を妊娠した。

窮地に追いやられた秀平は、
塾に通勤する途中で、
咳き込んだためにコンビニでのど飴を買う。

そののど飴は一つ舐めると、
夢を見せてくれる。

電車の中で舐めたら、
大泣きしてとんでもない事になり、
周りの客が引いた。

夢の内容は、
秀平の祖父たちの戦争の体験がはっきりと見える。


のど飴を舐めるたびに、
いろんな時代の両親や祖父母の実体験が現われる。

戦争体験は死ぬか生きるかの、
大変なできごとだった。

それに比べれば、
自分の今の状況は耐えられるかもしれない。

亡くなった祖父母たちが、
秀平を応援してくれる。

この小説を読んで、
生きる意味を考えた。

息子達にも読ませたい内容だった。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 18:27 | comments(0) | - |

さがしもの

角田光代(かくたみつよ)の短編小説集です。

角田光代の小説は「八日目の蝉」が大好きです。

素敵な小説を書いた人なので、
安心して読めました。

本にまつわる小説が9つ載っています。

「旅する本」

18歳の時に古本屋に売った本をいろんな外国で見つけて、
考える話。
18歳の時にお金の方が欲しくて古本屋に紙袋2つ分持ちこんだ時に、
「あんたこれ売っちゃうの?」と聞かれた本があった。
その言葉が気になった。
手放しても惜しくないと思ったから、
古本屋に持ち込んだはずなのに、
手放した後もその本のことが頭に残っていた。

日本の同じ題名の本を外国で見つけるのだってすごいことなのに、
自分が手放した本を外国で見つけるなんて、
驚きだが、
あるかもしれないと思った。
だけど、何回も続くと物語だなと思った。
でもそんなことはどうでもいいのです。
本とは、
自分にとってどんなものなのか考えるきっかけになるでしょう。

映画でも本でも年齢が変わってから2度目に見ると、
記憶と全然違った部分が見つかることがある。
そして、その時の自分の受け取り方も違ってくる。
いろんなことを考えるきっかけをくれた物語でした。

「だれか」
24歳の時に恋人とタイに旅行に行った時にマラリアにかかった。
だんだん良くなってからも、
ずっとベッドに寝ている時に、
片岡義男の本を見つける。
外国で片岡義男の本を読んで置いていっただれかのことを空想し始める。
本を題材として、
空想していく力がすごいと思った。

「手紙」
恋人と来るはずだった伊豆の旅館に一人で来た。
その部屋のテレビ台の引き出しに入っていた本を見つけた。
リチャード・ブローティガンの詩集。
その本の中に手紙が挟まれていた。
女性が別れた彼に宛てて書いた手紙のようです。
その手紙と詩集を読んで主人公がしたことは?

「彼と私の本棚」
5年間一緒に暮らした彼(ハナケン)に女ができ、
別れることになり、
引越しの片づけをしている。
ハナケンとは本の好みが似ていて、
同じ本が何冊もあった。
本の話題で楽しかった。
ハナケンの持っている本がよかったので、
私も同じ本を買おうとしたら、
ハナケンが同じ本を買うことないよと言ってくれた。
その時は永遠に私たちの仲が続くと思ったのに。
同じ本を好きでも別れることはあるんだな・・・・・・。

「不幸の種」

18歳の時に恋人ができた。
恋人が初めて、
私の部屋に泊まりに来た時に、
夜中に目が覚めると、
彼が本を読んでいた。
好きな本なのと尋ねると、
君の本棚にあった本だよと言う。
覚えがない本だ。

その後、恋人と別れた。
私の友人の近藤みなみと付き合い始めた。

その後も不幸はいくつもあった。
中国に旅行に行った時に、
占い師に見てもらった。
漢字を紙に書き、
やりとりをして、
「屋根」、「房」、「根子」、「原因」と書かれた。
私は「部屋の中に不幸の種がある」と解釈した。

私はあの時の本が不幸の原因だと思い、
本を元彼に渡すことにした。
近藤みなみとあった時に、
本を彼に渡してくれと頼んだ。
その後みなみに再会した時に本の行方がわかり、
唖然とする。

みなみの言葉から、
「不幸は人によってとらえ方が違う」と思った。
不幸についての認識がこの小説を読んで変わった。


「引き出しの奥」
大学生の私のことをみんな「男好き」とか「公衆便所」と言っている。
男の子と飲んだ後におごられたら、
お礼に何をしたらいいのかわからないし、
家に送られたらどうやって帰ってもらったらいいのかわからない。
そんな訳で、
男たちに飲みに誘われるし、
翌日にはお前呼ばわりされる。

何も考えてなかった私が変わった。

きっかけは、
古本屋に裏にびっしり書き込みがある本があると聞いてから、
それを探している時にサカイテツヤに会ってからだ。

サカイテツヤとは飲食しても割り勘だ。
手をつないだだけでドキッとする。
サカイテツヤと会ってから、
誰も家に上げていない。
サカイテツヤとはその本を探している。
何が書かれているのか伝説の古本のことを想像して話す。

「ミツザワ書店」

田舎の実家の近くにおばあさんが店番をしているミツザワ書店がある。
整理されていなくて、
おばあさんはずっと本を読んでいるので、
万引きがしやすい本屋だ。
僕も一度だけ万引きをしてしまった。
それからは怖くて一度もそこに行っていない。
作家になったので、
僕の本とその本の代金を持って、
何年かぶりにいってみたら・・・・・。


「さがしもの」

この物語もなかなか素敵な話だ。
この物語の中で、
死んだおばあちゃんが言った言葉が、
この本の中の一番の私の宝物です。

「死ぬのなんかこわくない。死ぬのを想像するのがこわいんだ。
いつだってそうさ、できごとより、
考えのほうが何倍もこわいんだ


この言葉を見つけたことが、
私がこの本を読んだ一番の収穫です。

「初バレンタイン」
初めて彼ができた。
もう、バレンタインに送っても返されることはない。
気合いを入れてプレゼントをしよう。

チョコレートだけでは芸がない。
私の大好きな本を送ろう。
本の予約は完ぺき。
次はチョコレートを買う。
ところが私が送りたかったチョコレート売り場は込みすぎていて、
私の声が店員に届かない。
何度も試すがチョコレートはあきらめた。

彼は年下のイケメン。
こんな私にどうしてこんないい男が彼氏になったのだろうと思うほどのイケメン。

当日は最悪なことが起こったが、
本をやっと渡した。
やっぱりチョコレートにすればよかった。

落ちは何年か後に起こる。
話としてはなかなかおもしろい。

・・・・・・・・・・・
「あとがきエッセイ 交際履歴」

ここもおもしろいのでぜひ読んでください。

・・・・・・・・・・・・・

9つでしたが、
あとがきもおもしろかったので書いてみました。

お勧めの本です。
ますます角田光代が好きになりました。
もっと読みたい。


人気ブログランキングへ

JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 10:14 | comments(0) | - |

瞬(またたき)

河原れん(かわはら れん)の小説です。

この本は映画化して、
北川景子と岡田将生が演じたようです。

大好きな人とバイクに乗っていて、
事故で彼が亡くなりました。

その女性の心情が描かれています。

私が読みたかった小説は、
ハッピーエンドの気分だったので、
今の気分には会わない小説でした。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 16:02 | comments(0) | - |

くまちゃん

評価:
角田 光代
新潮社
¥ 1,575
(2009-03)

角田光代(かくたみつよ)の本はおもしろいので、
角田光代の棚からこの本を探しました。

パラパラとめくったら、
短編小説ではなさそうだったのでこの本を選びましたが、
短編小説仕立てのようになっています。

短編小説は納得がいかないうちに終わるので嫌いです。

登場人物をしっかり頭に入れたいので、
長すぎず、
短すぎない本を探していました。

この本は、
短編小説ですが、
登場人物がつながっている所が好きです。

読み始めてから、1ヶ月もかかってしまいました。

短編のように、
一話完結になっているので、

次の話に行くまでに続けて読まなくてもいいので、
却って時間がかかりました。

忙しい人にはこの本は向いていると思います。
わたしは、
枕元に置いて、
眠る前に少しずつ読みました。

内容は、
ふられた話ばかりを集めたものです。

一話の古平苑子(こだいらそのこ)が振られたくまちゃんが、
二話で〇ちゃんに振られるというような話で、
人物が繋がっています。

フラれた人が読むと立ち直れるかもしれません。

角田光代の小説は長編がオススメです。
この本は長編ぽいのでオススメです。
後味がいいです。

内容は、
「くまちゃん」
古平苑子が23歳の時に、
花見の飲み会でくまちゃん(モチダヒデユキ)に出会います。

「アイドル」
持田英之が27歳の時に、
海の家のバイトでゆりえに会います。

「勝負恋愛」
岡崎ゆりえが29歳の時に、
バンドのボーカルの保土谷槇仁(ほどがやまきひと)に出会う。

「こうもり」
保土谷槇仁が32歳の時に、
劇団員の片田希麻子(かただきまこ)にスナックで出会う。

「浮き草」
片田希麻子が36歳の時に、
イラストレーターの林久信に出会う。

「光の子」
林久信が14歳の時に、
料理の上手な野坂文太に出会う。
文太の子ども名前を久太と付ける。

「乙女相談室」
山里こずえが36歳の時に離婚した。
恋愛の数と振られた数が同じであることに気づいたこずえは、
自分に何か欠陥があるのではないかと悩む。
そんな時に会社の後輩が乙女相談室というサイトを教えてくれる。

フラれた時の立ち直り方を何か学べるかもしれない小説です。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。



JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 09:28 | comments(1) | - |

高く手を振る日

評価:
黒井 千次
新潮社
¥ 1,470
(2010-03)

黒井千次の小説です。

読売新聞の記事で紹介されていたので読んでみました。

70代老人の恋の話です。

いくつになっても恋心は素敵です。

大学時代の同級生との再会から気持ちが始まります。

薄い本ですが、
読み終わるのに 思ったより時間がかかりました。

言葉が硬いというか、
男ぽい文章です。

この漢字はこう書くのか、
なるほど。
字も少し古いです。

現代風の簡単な文章を読みなれているので、
少し戸惑いながら読みました。

話はゆったり過ぎていきます。
50代で日々時間に追われている私には、
わたしが手伝ってあげようかと言いたくなるほど物事が進みません。
それでもこの内容や主人公の動作や考え方も理解できます。

リアルな年齢の人が書いたのだろうと思うほど、
設定が細かいです。

 ネットで調べたら、
 黒井千次は78歳でした。
 なるほど。

読み終わって、
ちょっといい話と思いました。

男の人が書いた恋話はこんな終わり方なのだろうと思いました。

私が書いたら、
結末は違う物になっていたと思う。
女と男のとらえ方や考え方の違いだろう。
男の美学、女の現実主義。

この小説家を絵画に例えて想像すると、
大正から昭和の初期の男性が描いた日本画が浮かんだ。
茶系の風景画。
昭和の頃の実家の壁にかかっていた小さな額絵を思い浮かべた。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:小説/詩
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 06:38 | comments(0) | - |

サクリファイス

評価:
近藤 史恵
新潮社
¥ 1,575
(2007-08)

近藤史恵の小説です。
読売新聞の書評で見つけて読んでみました。
自転車レースの団体戦の話です。
自転車レースについては何も知らない私ですが、
知らない人でもおもしろく読めて、
引き込まれます。
新聞で人が薦めることに納得します。

例えるなら、
浅野あつこの「バッテリー」(野球)や、
佐藤多佳子の「一瞬の風になれ」(マラソン)のような団体スポーツ物ににています。

内容は、

第一章 チーム・オッジ

第二章 ツール・ド・ジャポン

第三章 南信州

第四章 富士山

第五章 伊豆
      インターバル

第六章 リエージュ

第七章 リエージュ 

第八章 惨劇

第九章 喪失

第十章 サクリファイス

終章

・・・・・・・・・

このような内容で構成されています。

日本チーム・オッジのメンバーが主人公です。
高校の時に陸上をやっていましたが、
優勝することに意味を見いだせなくて、
突然やめて、
自転車に変わりました。

高校の同級生(元彼女)も絡んで人が事故で死にます。

事故の真相がわかると、
人生に関わる事も見えてきます。

おもしろい小説なので、
皆さんにお勧めします。

ちなみにsacrificeは辞書で調べたら、

いけにえ、犠牲、捧げ物でした。



人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:小説/詩
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 08:48 | comments(0) | - |

八日目の蝉

評価:
角田 光代
中央公論新社
¥ 1,680
(2007-03)

角田光代の小説です。
最近読んだ小説の中で一番好きな小説です。

以前新聞小説で、
毎日ドキドキしながら読んでいました。

この小説が今NHKテレビでドラマ化されています。
檀れいが主役です。
高畑淳子がおもしろい役で笑えました。
小説が良いのでドラマもすごくいいです。

主人公がいつ警察に捕まるのか、
自分が主人公になったようでドキドキして大変でした。

ストーリーのもって行き方が上手で、
この小説は間違いなく楽しめます。


内容は、
希和子というOLがストーカーのように、
不倫相手の家に行きます。
奥さんが、赤ちゃんを置いて、
ちょっと出かけた間に赤ちゃんを連れ出します。
家は火事になります。
普通なら、両親が可愛そうだと思いますが、
読んでいるうちに、犯人の方をいつの間にか応援してしまいます。
犯人は子供をとてもかわいがります。
なかなか捕まらなくて、子供はしゃべれるようになります。
子供は犯人を本当の母親だと思っています。
犯人はよく働く人で、まわりに好かれます。
子供が大きくなるまで話は続きます。
犯人は、どうなるのか、
子供はどんな人に成長するのか、
話が終わった後を、
わたしなりの展開を作りたくなるほど、
入り込める小説でした。
最近の本の中で一番のお勧めです。

NHKテレビドラマもお勧めします。




人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。



JUGEMテーマ:小説/詩
 
続きを読む >>
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 21:55 | comments(0) | - |

葉桜の季節に君を想うということ

歌野晶午の小説です。
この小説はブログで紹介している人がいたので読んでみました。

長い小説でした。

読みやすいので引き込まれましたが、
若い人の話だと思って人をイメージしながら読んでいたので、
最後の方で私の頭の中でつじつまが合わなくなって、
混乱してきました。
もう一度読み直したいほどの小説ではなかったので、
半分混乱したままです。

でもこの小説の良かったところは、
主人公がとても魅力的な人物だというところです。

主人公のことを知りたくて、
どんどん読み進めていきました。

読み始めたらきっとだれでも止まらなくなると思います。

若い頃の話と現代の話と、
偽名を使っている人がいるので、
登場人物のことでも頭が混乱してきました。

この小説は、
作家が楽しみながら書いたようなランラン気分が読み手に、
伝わってくるような小説です。

長い小説を読む時間がある人におススメします。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。


JUGEMテーマ:小説/詩
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 11:35 | comments(0) | - |

ヘヴン

評価:
川上 未映子
講談社
¥ 1,470
(2009-09-02)

川上未映子の作品はおもしろくないので、
もう読まないつもりでいましたが、
このヘヴンは、芥川賞を受賞してからの作品なので、
表現も解かりやすくなってきました。

以前に読んだ本より読みやすく、
すぐ読み終えました。

2009年発行で新しい技術のせいか、
紙の質も良く、
ページが汚れにくいので安心して読めました。

本の内容でないところも私の読書には重要です。

内容はいじめにあっている男子中学生が主人公です。

女子からいじめにあっている女子中学生との交流や、
自分の置かれている立場を分析するところなどが、
川上未映子像と重なりました。

いじめの描写が長い所がいやなので、
飛ばし読みをしようかとも思いましたが、
がんばって読みました。

読み終わって、
ホットしました。

しばらくすると、
頭に残らない、
残らせたくない内容でした。

映像化はして欲しくないです。

まだ「乳と卵」は読んでいないので、
読んでみようという気になりました。


人気ランキング

ランキングに参加しています。クリックお願いします。



JUGEMテーマ:読書
 
posted by: 本の虫 | 小説(作者か行) | 10:03 | comments(0) | - |